ゴルフのスイングと前傾姿勢について

私がゴルフのスイング(スイングというのは日本語で振動というのでしょうかね。振動というと何か小刻みに揺れるイメージが合ってスイングとは異なる気がするのは私だけでしょうか。まあそんなことはゴルフの上達とは何の関係もないものではありますが)をするとき、正確にクラブの先端でボールをたたくことが必要です、アドレスがバランスをそれ自体それにとって重要にすることはこれまたさらに重要になります、そして、私があちこち動くとき、そのあちこちの利益の動きは注目すべき情報であって、これは均衡を保っていることが大切になります。

アドレスの瞬間に事実のところ、前傾姿勢(どんなスポーツであっても前傾姿勢は重要になりますね。よく言われるのがスキーやスケートですが、それ以外にも前傾姿勢が必要になるスポーツはいろいろあります。そしてゴルフもまた前傾姿勢が必要なものなのです)とき、それは安定でした、と言われるようにしましょう。そうでないならば、あちこち動くことができることをなります、そして、彼はそうでありますが簡単なボールに関しては難しい局面になることがあります。 ― 傾斜したボールの同じ進行で ― 毎回とても打たれてゴルフをします、我々は常に、前傾姿勢を保つことができるつもりです。それでも、それが首の後ろの臀部にそれを掛けるようにそれが調子が良くないのでエントリがされるときたとえ単に前傾姿勢をするとしても、それは意識があります、そして、それとそれが軸についてバランスをとるのに必要であるものの軸があります。

また、それが前傾姿勢をするとき、足の根元で一緒にヒップなものの回ることが必要です、そして、ベルトがリバースのために放り投げられるという感覚で十分です、しかし、胃の彼に倍にそれを防いでください。それとゴルフ・クラブのために前傾のものの角度の2、3の変化とコースの傾向用の変更として、初心者はクラブとコースに向くことができます。


TOP PAGE