ゴルフのアドレスやスタンスをマスターする

ゴルフの初心者はボールを打つ時に手の振りのみを利用してしまうのが一般的です。しかしこの事が平手打ちというミスにつながってしまうのです。もちろん、スイングは身体全体でとか、体重移動をしっかり考えて、というのは頭では分かっている者の、実際に体をどのように動かせばよいのか分からないために、どうしても手打ちになってしまうのです。

そしてアドレスやスタンスをきちんと習得していない場合に、この様な平手打ちというミスを犯しやすくなるのです。ですからゴルフのスイングは回転運動だという事を認識しておく必要があるのです。
回転運動であるスイングの軸はスタンスやアドレスになっていてます。きちんとした姿勢と構えでスムーズな回転運動が出来るとスイングが成功するのです。ですからスタンスとアドレスの習得をまずは考えましょう。

そしてこのスタンスやアドレスはボールやクラブ、または目標の飛距離やコースの傾斜により変わりますので、その事をしっかり認識しておきましょう。
アドレスやスタンスが不安定である初心者の方は、アドレスとスタンスがブレない様に努力して、しっかり自分に合ったスタンスやアドレスを見つける事が大切でしょう。

ただ言うのは簡単ですが実際に体重移動をしっかりおこかってフォームを作っていくというのは難しいものです。また変なクセがついてしまうとあととで修正するのが難しくなってきます。
そのため、最初に正しいフォームを身に付けて、正しい練習をするようにしましょう。そのために、良いトレーナーを付ける、あるいはスクールに通う、そしてDVDを見るなど練習方法にも工夫するようにしましょう。



TOP PAGE