ゴルフのアドレスでの体重配分について

ゴルフでは基礎を身につける事はとても重要になります。プロゴルファーも昔は初心者だった時があり、基礎を習得するのに頑張っていたはずです。もし基礎がきちんとできていなければスコアも思い通りには伸びなくなってしまうでしょう。

まずとても重要であるゴルフのアドレスですが、これは体重の配分がポイントになります。つま先に体重がかかりすぎると余分な力が足にかかってしまい、こうなるとスイングがきれいに出来ません。
また膝に体重が罹り過ぎると、ダウンスイングになってしまい後ろに仰け反ったり、左に引っ掛けたりとなってしまいます。理想的な体重配分は、つま先よりに体重をかける事です。

そして右足6割、左足4割という左右の体重配分が理想的だと言われています。
しかしこれはなかなか微妙ですので、初心者の方は左右均等に体重を配分する様にすれば充分だと言えます。
この前後左右の体重配分をマスターする為にスイングの練習時に何回もトライして見て下さい。

ゴルフに限ったことでもありませんが、体重配分というのは人それぞれによって異なりますので、自分でプレーをしつつ、公的な体重配分を覚えていくというのが一般的になります。ただしそうなると、上達するまでに時間がかかるのもまた事実。忙しいビジネスマンには時間をかけて練習をするというのは難しい部分がありますよね。そうなると、どうやって効果的に練習をしていくのかというものを自分なりに考えて見つけていくということもまた重要なことなのです。


TOP PAGE