ゴルフのアドレスは前傾姿勢が重要

バランスの良いゴルフのスイングは、ボールにクラブヘッドを正しく当てる事がとても重要ですよね。そしてこのバランスの良いスイングをするために大切なのがアドレスなのです。

安定したスイングをするためにはアドレスをする際には前傾姿勢をとりましょう。こうして打つボールはその度に同じ球筋になるので、この前傾姿勢をいつでも出来る様にしておきましょう。
といっても背中だけを曲げた猫背の様な姿勢では正しくありません。首からお尻まで1本の軸が通っている様に想像して、そのじ軸を中心としてスイングを心掛けましょう。

またこの姿勢の時には足の付け根の股関節から曲げる様にして下さい。背中の方からベルトの部分を引っ張られているといった感覚です。この時お腹から曲げるのは正しくありません。
また前前傾姿勢はゴルフクラブやコースの傾斜によりその角度も影響されます。
ですから初心者の方はそれぞれのクラブやコースに対応できる事が大切になります。

ただし前傾姿勢が重要と言っても極端な姿勢はかえって無理がかかってしまいます。そのため、バランスの良い前傾姿勢が必要になるのは言うまでもありません。こうした点は、自分一人で練習をシテイルトなかなかつかめないものでもあります。自分でショットしている場面を動画にとって自分でチェックすると効果は高いですが、自分のショットを自分で動画で採るというのもまた難しい部分があります。
そうなると、上手な人に指導を頼むというのが一番効果的、でもあるのですよね。



TOP PAGE