ゴルフのスタンスとスイングの関係

ゴルフではボールを打つ時の両足の位置や構えの事をスタンスと呼んでいます。ゴルフでのスタンスは両足を正しい位置におくことが基本です。また両足のつま先の開き具合でスイングも変わってきます。

もし初心者でもボールをなるべく遠くに飛ばしたいというのであれば、右足のつま先の開き具合に気をつける様にしましょう。つもしま先が開いていなければ、バックスイングが制限されて距離が出にくくなってしまいます。ですからつま先を閉じてのスタンスは経験を積んでからにした方が良いでしょう。

そして身体とグリップとの距離もスタンスの際にはとても重要になります。もしこの距離が狭すぎる場合には、スイングする時に腕が充分に振る事ができなくなってしまい、ヘッドスピードが出にくくなります。
そうならないためにスイングの際には、グリップエンドと体の間にはこぶし1個分ほどの間隔を確保する事が大切です。
これは何回も練習する事によって習得できるはずです。

特に初心者のうちは、スタンスによって、力の抜けたスイングができるかどうかが決まってきます。もちろん、必要なところについては必要な力が入り、無駄な力が抜けたスイングだということです。

綺麗なスイングはボールを正確に飛ばすことができるだけでなく、体力的に楽にコースを回ることにもつながります。ゴルフはIN/OUTで18ホールあり、暑い時期などは体力的にも厳しいこともあります。省エネ打法というのは結果的に好成績につながりやすいのです。



TOP PAGE