ゴルフのアドレスやスタンスについて

ゴルフで正確なショットを打つために重要なことはいくつかあります。その中でも大きな割合を占めるのが、アドレスです。

ゴルフのアドレスとはボールを打つ時の構えの事です。これはゴルフをプレイする上でとても大切になります。もし間違ったアドレスをすればボールを自分の思ったコースに打つのは困難になってしまいます。
ですからボールを打つ前には、ボールと目標点を結ぶ線を想像し、その想像した線に対して肩、胸、腰、両膝を平行にするアドレスをしましょう。そして地面に対しても平行にする事も大切です。

以上の様なアドレスができたら今度はスタンスです。スクウェアスタンス・オープンスタンス・クローズスタンスという様なスタンスがゴルフにはありますが、この中で最も大切なのがスクウェアスタンスだと言えます。

このスクウェアスタンスでは両足の構えはボールと目標点を結んだ線に対して、両足を結んだ線に平行になります。このスクウェアスタンスはあらゆるショットの基本となるスタンスです。
ですから初心者の方は基本としてのスクウェアスタンスを覚える様にしましょう。

ゴルフが上手な方は、アドレスが決まっています。ボールの着地地点によっては不自然な体勢でショットをしなければならないこともありますが、それでも体の軸はぶれずに一定しているものです。初心者にそこまで要求するのはさすがに難しいものがありますが、せめてフェアウェイからのショットについてはアドレスが固定化するように練習をしていきましょう。


TOP PAGE