ゴルフコースにあるグリーンについて

ゴルフの初心者が腕を上げるポイントはやはりゴルフコースを熟知する事でしょう。ゴルフコースを熟知するといっても、コース内のクセや攻略のポイントを熟知するという訳ではありません。(もちろんそこまでした方がスコアが伸びますが、それはもっと上級者になってから、あるいは重要なコンペに出るようになってからでも十分です)

そうではなくて、ゴルフコースにあるさまざまなものの、一般的な特徴を知っておくということです。今回は、グリーンについて説明をいたします。

そしてグリーンについての知識が豊富であればゴルフも上手くなりやすいと言われています。という事でグリーンについて説明しましょう。

芝生がきれいに短く刈り整えられている場所がグリーンで、フェアウェイとは区別がし易くなっています。そしてグリーンの中には強い傾斜があるもの、もしくはうねりがあるものもあります。またグリーン内にはカップが1つ必ずあります。そして遠くからでも位置を確認できる様にカップにはピンが立っています。

またゴルフのコースにより1つのホールで2つのグリーンがある場合もあります。これはツーグリーンと言います。これらは季節やメンテナンスの状況により使い分けされています。
パッティングを良くしてスコアを上げるためにはやはりグリーンについての知識が必要です。ですから初心者の方はその様な知識を得る為にDVDで研究すると良いと思います。


TOP PAGE